ブログ記事一覧

catch-img

Microsoft CSP Program Update 2020年6月

rhipeでは社内のMicrosoftスペシャリストがまとめた、Microsoft CSPプログラムに関する最新情報を毎月ご提供しています。
※一部のMicrosoft社のリンクは英文での情報提供の為、ブラウザの翻訳機能もご利用ください。


今月の情報:

目次[非表示]

  1. 1.Microsoft Kaizala ProスタンドアロンSKU廃止
  2. 2.リマインド:Office 365 Business SKUとMicrosoft 365 Businessの名称変更
  3. 3.Microsoft Streamで画面記録が利用可能になりました
  4. 4.Microsoft Teams-チームメンバーシップの制限が10,000に
  5. 5.管理者向けのOneDrive WebページからのOneDrive管理センターリンクが削除されます!



Microsoft Kaizala ProスタンドアロンSKU廃止

2020年7月1日より、Microsoft Kaizala Proは新規または更新中のお客様にはご利用いただけなくなります。 このサービスは、他のMicrosoft 365およびOffice 365ライセンスを通じて引き続きアクセスできます。
KaizalaとTeamsは、Microsoft 365およびOffice 365 SKUの一部として引き続きアクセスできます。 この変更は、新規および更新中のお客様がKaizalaからTeamsに簡単に移行するためのライセンスを取得できるようにするために実装されています。
KaizalaとTeamsが引き続きアクセスできるMicrosoft 365とOffice 365の製品の詳細については、以下のサイトをご覧ください。
Microsoft 365 for Business, Microsoft 365 for Enterprise,Microsoft 365 for Education. 


リマインド:Office 365 Business SKUとMicrosoft 365 Businessの名称変更

Microsoftは、2020年4月21日にすべてのOffice 365 SMBオファーの名前を変更しました。
1. Office 365 Business EssentialsはMicrosoft 365 Business Basicに名前が変更されました。これは、基本的なクラウドサービスを探しているお客様向けのエントリーレベルのサービスです。
2. Office 365 Business PremiumはMicrosoft 365 Business Standardに名前が変更されました。これは、クラウドサービスやクラウドに接続されたデスクトップアプリなど、SMBの中核製品です。
3. Microsoft 365 BusinessはMicrosoft 365 Business Premiumに名前が変更されました。これは、追加のセキュリティ、デバイス、IDの価値を求めるハイエンドSMBのヒーローSKUのままです。
4.マイクロソフトは、Microsoft 365 Appsを2つのOfficeクライアントサブスクリプションの新しい名前として採用しました。
-Office 365 BusinessはMicrosoft 365 Apps for Businessになります。
-Office 365 ProPlusはMicrosoft 365 Apps for Enterpriseになります。

この名称変更により、顧客は各オファリングに含まれる増分値をよりよく理解いただけるようになり、販売パートナーは顧客へのアップセル機会をより適切に位置付けることができます。 詳細については、M365パートナーランディングページをご覧ください。
また。当センターのBlogでもご紹介しております。

  Microsoft Office 365のプラン名称が変更されました! Microsoft Office 365のプラン名称変更を発表されました。 (1)Office 365 Businessファミリーとプラン名変更 (2)Office 365のOfficeファミリーとプランの名称変更 rhipe Japan株式会社


Microsoft Streamで画面記録が利用可能になりました

私たちの多くが自宅で仕事をしている時代に、情報の記録と共有を簡単にするために、Microsoft Streamで画面記録の機能が利用可能になりました。 ビデオ作成者は、オプションを使用して任意のウィンドウまたは画面を記録し、マイクまたはシステムオーディオを追加しWebカメラビデオを含めることができます。 新しいソフトウェアをダウンロードする必要はありません。
ツールはWebベースで、最新バージョンのEdgeまたはChromeで動作します。
組織でビデオコンテンツをアップロードする権限を持つすべてのMicrosoft Streamユーザーが画面録画を利用できるようになりました。 ビデオをストリームにアップロードする権限を持つユーザーは、画面記録機能を使用することもできます。
この機能の詳細については、こちらをご参照ください。


Microsoft Teams-チームメンバーシップの制限が10,000に

2020年5月22日、Microsoftはチームメンバーシップの制限を10,000に増やし、すべてのテナントが利用できるようになったことを発表しました。
すべての新規および既存のチームは、最大10,000人のメンバーをホストできます。 チームサイズの拡大は、顧客が全社、部門全体、部門間のコミュニケーションなどのシナリオでチームを利用するのに役立ちます。
管理者による明示的なアクションは必要ありません。
新しいチームと既存のチームの両方が10,000メンバーに成長できます。 Microsoft Teamsで大規模なチームを管理する際のベストプラクティスについては、このリンクにアクセスしてください。

管理者向けのOneDrive WebページからのOneDrive管理センターリンクが削除されます!

2020年6月22日のOneDrive Webページから、MicrosoftはSharePointとグローバル管理者のみが利用できるOneDrive管理センターリンクを廃止されます。
Microsoftでは、Microsoft 365管理センターからOneDrive管理センターにアクセスすることをお勧めしています。 この変更が実装されると、SharePointおよびグローバル管理者はOneDrive WebページからOneDrive管理センターにアクセスできなくなります。
この変更に備えるには、OneDrive WebページのOneDrive管理センターリンクを使用する代わりに、Microsoft 365管理センターにアクセスするか、admin.onedrive.comをブックマークすることをお勧めします。






rhipe CSP Specialist
rhipe CSP Specialist

rhipe CSP Monthly Updateブログは、rhipeマーケティングチームとCSPパートナーイネーブルメントスペシャリストがお届けします。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!

人気記事ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

カテゴリ一覧

タグ一覧