ブログ記事一覧

catch-img

Microsoft CSP Program Update 2020年5月

rhipeでは社内のMicrosoftスペシャリストがまとめた、Microsoft CSPプログラムに関する最新情報を毎月ご提供しています。
※一部のMicrosoft社のリンクは英文での情報提供の為、ブラウザの翻訳機能もご利用ください。


今月の情報:

目次[非表示]

  1. 1.Microsoft Partner Agreement アップデート
  2. 2.Microsoft 365 E3-Unattended型ライセンスが2020年5月1日に再開
  3. 3.リマインド:Office 365スイートの条件付きアクセスのパブリックプレビュー
  4. 4.リマインド:Teams/ Skypeコンシューマーチャットと通話の相互運用
  5. 5.リマインド: IT管理者がアプリをプリインストール出来る様になりました。



Microsoft Partner Agreement アップデート

Microsoft Partner Agreement は、パートナー、顧客、およびマイクロソフトが規制要件に準拠するのに役立つ簡潔な条件を提供し、プライバシー、セキュリティ、コンプライアンス、透明性の強化をサポートします。
すべてのIndirectCSPリセラーは、CSPプログラムで新しい顧客を作成したり、既存の顧客の新しい注文をしたりするには、Microsoft Partner Agreement に同意する必要があります。
Microsoft Partner Agreement に同意していないパートナーは、新しい注文を行うことができず、既存のサブスクリプションの管理のみに制限されます。
2020年1月31日の時点で、クラウドソリューションプロバイダー(CSP)プログラムのすべてのパートナーは、すべての取引中のCSPテナントの契約に同意しているはずです。マイクロソフトは以前、契約の次の実装フェーズは2020年4月に始まると伝えていましたが、ビジネスの混乱を防ぐために、実装の次のフェーズを2020年4月以降に延長しました。
するべきこと:
・Microsoft Partner Agreement に署名する前に、IndirectCSPリセラーとして登録する必要があります。パートナーセンターにアクセスできるからといって、自動的にIndirectCSPリセラーとして登録されるわけではありません。
・以前にIndirectCSPリセラーとしてパートナーセンターにオンボーディングしたことがある場合は、グローバル管理者の資格情報を使用して、パートナーセンターのダッシュボードページでMicrosoft Partner Agreement に同意してください。
また、パートナーセンターのサインアップおよびMicrosoft Partner Agreement 署名プロセスをガイドするステップバイステップガイドも用意しています。詳細については、ここのリンクをクリックしてください。
その他のリソースは、Microsoft CSPリソースギャラリーページでも入手できます。


Microsoft 365 E3-Unattended型ライセンスが2020年5月1日に再開

マイクロソフトは、プレビュー価格表に従って、2020年4月1日にMicrosoft 365 E3-Unattended型ライセンスの提供を開始する予定でしたが、広範なテストの結果、プロビジョニング中に予期しない動作が発生する可能性があることが判明したため提供を中断していました。
この度マイクロソフトは2020年5月1日にMicrosoft 365 E3-Unattended型ライセンスの提供を再開しました。
Microsoft 365 E3-Unattended型ライセンスは、サービスまたは他の非ユーザーアカウントでのOfficeクライアントアプリケーションの使用を許可します。これは、RPA等の自動化プロセスの実行に一般的です。これらの自動化プロセスは、従来のユーザーアカウントを活用することがベストプラクティスではないため、運用中に無人になる場合があります。
この新しいライセンスは、Microsoft Graphなどの製品APIでも自動化のニーズを満たしていない場合に、生産性データとツールを操作するための新しいオプションを提供できます。


こちらでマイクロソフトのコンテンツをチェックしてください。


リマインド:Office 365スイートの条件付きアクセスのパブリックプレビュー

管理者がすべてのOffice 365アプリに単一の一貫したポリシーを割り当てることができるOffice 365の条件付きアクセスが、パブリックプレビューで利用可能になりました。条件付きアクセスは、組織内のさまざまなサービスやデータソースへのアクセスを保護できるポリシーと構成のセットです。 Office 365の場合、管理者はMulti-Factor Authentication(MFA)などのポリシーを構成したり、組織のユーザーがSharePoint Online、Exchange Online、Microsoft TeamsなどのOffice 365アプリにアクセスする前に管理対象デバイスを要求したりできます。

Office 365がうまく機能しているのは、これらのさまざまなアプリが相互に作用して、ユーザーによりまとまりのあるエクスペリエンスを提供し、生産性を高めることです。ユーザーが他のOffice 365サービスに依存しているデータにアクセスすると、異なるOffice 365アプリに異なるポリシーを割り当てると、予期しない中断が発生する可能性があります。このトピックの詳細については、 条件付きアクセスサービスの依存関係のドキュメントをご覧ください。 Office 365スイートの条件付きアクセスは、ワンクリックでOffice 365全体に単一のポリシーを割り当てるオプションを管理者に提供することにより、この問題を解決します。

Office 365スイート全体で単一のポリシーを構成すると、一貫したカバレッジが提供され、ユーザーが1つのOffice 365アプリから次のアプリに移動する際の予期しない割り込みを回避することでユーザーエクスペリエンスが向上します。 Office.comポータルなど、条件付きアクセスアプリリストで利用できないアプリにもポリシーを適用できます。 Office 365スイートの条件付きアクセスに含まれる個々のアプリの 完全なリスト を参照してください。

Office 365の条件付きアクセスを有効にするには:
・Azure ADポータルに移動して、通常どおりに条件付きアクセスポリシーを構成します
・アプリの割り当てを行うときは、以下に示すOffice 365(プレビュー)を選択します(Microsoftは、リストを見つけやすくするためにリストの一番上に配置しています)

・ポリシーの設定が完了したら report-only mode(レポート専用モード)で実行してみてください。 条件付きアクセスのレポート専用モードを使用すると、構成済みのポリシーをすぐに試し組織全体で有効にする前にその影響を確認できます。
詳細については、Microsoftのblogをご覧ください。

リマインド:Teams/ Skypeコンシューマーチャットと通話の相互運用

Teamsとコンシューマー向けSkypeはチャットとVoice over IP(VoIP)で通話できるようになります。
・Microsoftは、2020年3月末に段階的にこれを展開します
・展開は4月末までに完了する予定です。

組織内のTeamsユーザーは、メールアドレスを使用してSkypeユーザーとチャットしたり電話をかけたりできます。 この変更に備えるため、Teams-Skypeの相互運用性はデフォルトで無効になっています。
この機能を有効にしたい管理者は、Microsoft 365管理センター>組織全体の設定>外部アクセスにアクセスし、ユーザーがSkypeユーザーと通信できるようにする必要があります。

リマインド: IT管理者がアプリをプリインストール出来る様になりました。

ユーザーがTeamsデスクトップアプリの左側のレールにある省略記号(...)をクリックしたときに表示されるアプリを管理者がプリインストールできるようになりました。 Teams Admin Portalの段階的なロールアウトは2020年3月中旬に開始され、4月上旬までに完了の予定です。


Teamsの管理者は、エンドユーザー向けにアプリを事前に固定できます。 この追加機能では、組織のユーザーがTeamsクライアントの左側の楕円をクリックするとすぐに表示されるアプリをプレインストールできるようにする新しいセットアップポリシーをMicrosoftが追加しています。

Teams管理者がユーザー向けにアプリをインストールする場合、セットアップポリシーのインストール済みアプリのリストから削除することによってのみ、アプリをアンインストールできることに注意してください。

Teams管理ポータル admin.teams.microsoft.com に移動して、Teams Appsのセットアップポリシーでこの新機能の操作を開始します。





rhipe CSP Specialist
rhipe CSP Specialist

rhipe CSP Monthly Updateブログは、rhipeマーケティングチームとCSPパートナーイネーブルメントスペシャリストがお届けします。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧